• お帰りなさい「三四郎」

    6月1日より、「ずんだ白玉おやき」「えだ豆三四郎」
    「カプレーゼ」「桃とクリームチーズのスコーン」
    「沖縄黒糖とくるみのスコーン」が
    かえってきます。

    梅雨の訪れにビクつきながらも「えだ豆三四郎」のカムバックが楽しみです!

    たっぷりの枝豆とゴロッとベーコンキューブを全粒粉入りのパンで包みました。仕上げのパルメザンチーズのコクに手が止まりません。スライスして、ビールのおつまみとしても、もちろん朝食や昼食としてもピッタリ。

    上品な甘さのずんだ餡に大きめの白玉が入った「ずんだ白玉おやき」。仕上げには枝豆3粒。さっぱりと頂ける和菓子のようなあんパンです。

     

     

    「桃とクリームチーズのスコーン」

    久しぶりにクリームチーズを混ぜ込まないで、ゴロッと、サックリと混ぜるタイプのスコーンです。それでも、やっぱりクリームチーズを個体として捉えることが難しいくらいには混ざります。だからこそ、個体としてのクリームチーズ感を得られた喜びはひとしおです。桃の甘味にぴっぱられがちな全体の甘味を引き締めてくれるクリームチーズ。甘いけれど、爽やかな味わいのしーーーっとりスコーンです。

     

    「沖縄黒糖とくるみのスコーン」

    ミネラルたっぷり。黒糖のコクが何とも言えないスコーン。くるみの香ばしさと独特の風味、仕上げの黒糖がところどころキャラメリゼされてパリパリとした食感になっているところもグー。優しい甘さで優しい味わいですが、クセになります。しっとり感より、ギュッと詰まった食べ応えを感じるタイプ。同じ生クリームで仕込むスコーンでも、「桃とクリームチーズのスコーン」と「沖縄黒糖とくるみのスコーン」では、こんなにも印象が異なるのだなぁと驚かされます。

     

    あなたはどちらがお好みですか?

     

    6月1日から販売開始(※スコーンの販売開始は店舗によって多少異なります)

     
     
  • twitter
  • 国分寺本店
  • マルイの森店
  • 立川店
  • 上野店
  • 国立店
  • 都立多摩図書館店
  • 東京経済大学店