カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:イベント

キィニョン武蔵小金井ののみち店にてレモンカーニバル

2021.05.18

 

5月24日(月)、25日(火)の2日間。

キィニョン武蔵小金井ののみち店にてレモンカーニバルを開催します。

「はちみつレモンスコーン」や「レモンあんパン」など、2日間のみのお楽しみもご用意しています。

当日はレモン&パセリ風味のポークソーセージを挟んだパン「レモンソーセージ」やスコーン3個セット(プレーン、紅茶、はちみつレモン)もご用意いたします。

 

ぐずついた天気が続きそうですが、ふらりとお立ち寄りください。

カテゴリ:イベント
  • twitter
  • facebook
  • line

nonowa国立店でバゲットくじ開催します

2021.02.19

キィニョンnonowa国立店では、2月20日(土)から約1ヶ月間、毎週土曜日と日曜日限定で「バゲットくじ」を開催します。

 

国立店単体でも1日50~60本は売れる大人気商品「バゲット」。外側のカリっと感と、内側のしっとりもっちり感。塩味の効いた味わいで、オリーブオイルやサラダ、スープとの相性が抜群です。薄くスライスしても、厚めに切っても噛むほどに旨みを楽しめるバゲット。

 

期間中は、お買い上げいただいたバゲット1本サイズの内袋をのぞいてみて下さいね。

バゲットの袋の内側にあたりくじが入っていたら、お好きなスコーンどれでもおひとつプレゼント致します。
お引き替え期間は1週間。

 

いつものバゲットがいつも以上に楽しく買える1ヶ月。

ぜひ、バゲットくじにご参加下さい。

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

武蔵小金井ののみち店限定
『大寒たまごのパンとおやつ』

2021.01.20

1月25日(月)から27日(水)まで、武蔵小金井ののみち店限定で「大寒卵」を使ったパンとおやつ。

一年のうちで一番寒いといわれる大寒の日に生まれた卵(2021年は1月20日)を食べると、その年一年、健康に暮らせるといわれている大寒卵。風水では金運も上昇するとか。

 

キィニョン武蔵小金井ののみち店では、大人気「ビーフカレーパン」のカレーに大寒卵を茹でて半分にカットしたゆで卵を鎮座させた「大寒たまごのカレーパン」、ほのかに甘くてもっちもちの全粒粉生地にほうれん草パウダーを加えたパンで自家製卵サラダを包んだ「大寒たまごサラダのカルツォーネ」。大寒卵たっぷ~りのしっとりシフォンケーキとサクサククッキーをご用意します。

 

 

毎年、意識的に食べている大寒卵(笑)。金運がアップした自覚は全くありませんが、ここ数年家族が健康に過ごせている気はします(息子たちの成長とともに身体が強くなったのかもしれませんが……)。気休めであろうとなかろうと、ご利益があろうとなかろうと、限定パンが美味しいので私は今年も食べまくります!

 

お近くにお越しの際はお立ち寄りください。

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

2月22日は猫の日です。
本店限定猫の日イベント開催します

2020.02.13

2月22日が猫の日ってご存知でしたか?

222「にゃんにゃんにゃん」で、2月22日という事らしいです。

キィニョンにも猫愛好家がたくさん!

溢れ出すねこ愛を、2月22日(土)〜24日(月)本店限定で放出。

「にゃーにゃーにゃー」イベントを開催します。

 

「ねこマフィン」

香り高いココアを使ったココア生地、プレーン生地、いちご生地を使って三毛猫を表現したマフィンです。表面はカリッと、中はしっとり。北海道産四ツ葉バターのコクと府中市高野養鶏場さんの新鮮卵の風味が口に広がる、贅沢な味わいのマフィンです。耳に見立てたココアクッキーを先に食べるか、後に食べるか、そこだけが悩ましい……。

 

 

左から「チョコねこ」「クリームねこ」「いちごねこ」です。

「チョコねこ」

上質なチョコレートを使った自家製チョコクリームをふんわりココアパンで包んだチョコパンです。上質なチョコレートを丁寧に仕上げた自家製チョコレートクリームは絶品。食べるのがもったいない出立ちですが、食べないのはもったいない味わいなので、勇気を出して召し上がれ。

 

「クリームねこ」

府中市高野養鶏場さんの新鮮卵を使って炊き上げる自家製カスタードクリームを包み込んだクリームパン。思わず、同じ材料でトラ猫と三毛猫を用意しちゃいました。猫愛が溢れすぎた???お気に入りをお持ち帰りくださいね。

 

「いちごねこ」

いちごパンに包まれたのは、いちごクリームチーズです。軽い口当たりで爽やかな味わいなので、ついついたくさん食べてしまう危険ないちごクリームチーズ。この誘惑には勝てる気がしません。

 

 

今回、初めて知った(私が)猫の日。こんなにも猫愛好家がいるのか!と、思う程の盛り上がりですね。

ちなみに、日本の猫の日は、1987年日本の猫の日実行員会によって制定されたそうで、ロシアや台湾、イタリア、イギリス、アメリカなど世界各国で独自に猫の日が制定されているようです。そりゃそうですよね。2月22日の語呂合わせは日本語ならではですから。猫と一緒に暮らせる幸せに感謝する日、という意味が込められているそうです。猫と一緒に暮らしてはいませんが、猫以上に猫らしい?息子たちとくらせる幸せに感謝しつつ、ねこパン・ねこマフィンを頬張ろうと思います。

 

カテゴリ:イベント
  • twitter
  • facebook
  • line

キィニョンの節分

2020.01.30

近年では「恵方巻き」がフューチャーされている節分。

どうして恵方巻きを食べるのか、どうして豆まきするのか、きちんと理解してますか?

節分は旧暦の大晦日

もともと、季節の節目である節分。「立春・立夏・立秋・立冬」の前日が節分と呼ばれ、年に4回あるのですが、旧暦では春から新年が始まったので立春が新年、その前日の節分が大晦日にあたります。昔は季節の分かれ目、年の分かれ目には邪気が入りやすいと考えられており、邪気祓いの一環が豆まきだったというわけです。

 

豆まきで邪気祓い

鬼は邪気や厄の象徴です。この鬼を追い払うことで、福を呼び込みます。大豆は五穀の中でも霊が宿ると信じられており、豆を煎ることで「魔の目を射る」こと、としたようです。煎り大豆で豆まき!「鬼は外 福は内」です。

 

キィニョンでは煎り大豆を粉にした香ばしい「きな粉」を使ったおにパンと豆乳きな粉シフォンをご用意します。もはや、おにパンを平らげて撲滅するという発想でもいいかもしれません(笑)こんなに美味しい鬼なら、いくらでも食べられそうです。

鬼顔のパンの中には自家製きな粉餡がたっぷり。甘さ控えめで香ばしいきな粉餡です。

 

しっとりでふわっふわ。キィニョンのシフォンケーキに香ばしいきな粉と豆乳を合せると、風味豊かでコク深く、仕上がりました!

 

ちなみに、恵方巻きは関西発祥。恵方巻きとしての風習については不明な点も多いそうですが、七福神にちなんで七つの具材を入れて巻く「太巻き寿司」を丸かぶりして食べるのが基本のようです。1本丸ごと一気に食べることで、商売繁盛や幸運を一気にいただく。ということを意味しているよう。途中で止めると運を逃がしちゃうようなので、なかなか大変です。

 

美味しく、楽しく、正しく、日本の風習を次の世代に引き継げたら嬉しいなぁと思う今日この頃です。

 

※キィニョンのおにパンと豆乳きな粉シフォンケーキは期間限定、販売店舗限定商品です。

販売期間:2月1日(土)〜3日(月)

販売店舗:国分寺本店、国分寺マルイ店、エキュート立川店(立川店のみ各日お昼頃からの販売スタートになります)

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line