カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:パン

10月20日(土)、21日(日)。
本店限定「あきぃにょん」開催します!

2018.10.15

 

いよいよ、秋も深まりを見せ始めましたね!

今年は「秋晴れ」が貴重となるそうで……。実際、曇りがちな日々に私も日照不足を感じております。光合成ができなくて辛い😭

 

日光で光合成が出来ない分、味覚を満たして心を落ち着かせないとイライラが募っちゃいます。

本当は毎日でも食べたいのですが、2日間だけしか販売してくれないので販売期間中は後悔のないように食べたいと思います(宣言です)。ギリギリ「いちじくとくるみ」は冷凍に耐てくれそうなものの、やぱり食感や風味は落ちてしまうので……。まとめ買いからの冷凍保存は難しいのかなぁ。悩ましいところです。

個人的には「きのこのビーフストロガノフ」と「いちじくとくるみ」が大好きです。「きのこのビーフストロガノフ」は、ぜひ、トレーにとって重みを実感して頂きたいです(笑)ずっしり、重いです。濃厚な味わいに秋を感じます。

「いちじくとくるみ」は、「マロンフェア」で「くりとピーカンナッツ」を気に入って下さったかたなら、きっとお気に召していただけるはず。もっちり生地に奥深い味い。絶品です。

 

ちなみに、この形は「あなたへのQ(質問)」とか、「IQ」とかではありません。亀の形でもありませんよ。キィニョンの「Q」です。あしからず。

 

食欲の秋。

 

満喫したいものです(笑)。

 

とく

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

国産小麦の角食パン

2018.09.27

パン用小麦の栽培に不向きとされてきた日本。(気候・風土が理由のようです)

私たちが日頃食べているパンの大半は外国産小麦に頼っています。ところが近年、品種改良が進みパン作りに適した小麦が安定的に生産されはじめました。その一つが国産小麦「ゆめちから」です。

 

小麦の世界も奥深く、薄力粉・中力粉・強力粉という違いだけでなく、小麦の品種によって味わいもかわってきます。そのため、キィニョンのパン生地は通常、複数種の強力粉をブレンドしています。

 

ですが……

 

今回は「ゆめちから」のちからを見込んで単種勝負。

しっとりしていて、もっちりしていて、旨味がぎゅー。

 

 

そのままでも、トーストしても、旨味がぎゅー。

しっとり、もちもち、キメが細かーい。

風味豊かな角食パンができあがりました!

 

しっとり、もっちり、ふんわりが特長のキィニョン食パンをご支持くださっているお客様にもきっと気に入っていただけるはず。安心の国産小麦「ゆめちから」を100%使用していますので、離乳食のパン粥作りも安心です。

 

10月1日から仲間入りする「国産小麦の角食パン」。

ぜひ一度お試し下さい!

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

クリームパンの嬉しい誤算
3ヶ月間販売可能になりました

2018.09.27

惜しまれつつ5月31日をもって販売終了となったクリームパン。

府中市高野養鶏場さんから届く新鮮卵をたっぷり使い、バニラビーンズを加えて炊き上げる自家製カスタードクリームが愛され続けたキィニョンのクリームパン。

ですが・・・

 

年内いっぱい、従来のレシピでクリームパンの製造が可能なだけのバニラビーンズが確保できました!

10月1日より、販売開始となります。

嬉しいサプライズです。

こういうサプライズは大歓迎!

 

 

 

10月は毎日クリームパンを食べ続ける、「クリームパン」月間になりそうです(笑)

今度こそ、心置きなくクリームパンとの別れを惜しみたいと思います。

とく

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

今年の「じゃがいもタルタル」は
国分寺産じゃがいもです

2018.09.14

スタッフ内での通称「じゃがタル」

今年は国分寺産のじゃがいもを採用!しています。

 

地産地消です。産直野菜です。

 

皮をむいたじゃがいもは、あたためた水蒸気を利用して蒸されます。しっとりふっくらに蒸し上げられ、独特の甘味が引き出されたじゃがいも。先日、テレビで和食のシェフがおっしゃっておりました。料理は、手間隙をかけるだけで数段に美味しくなる、と。「じゃがタル」のおじゃがも手間と愛をたっぷり注がれております。

 

そんなじゃがいもに具沢山のタルタルソースを合わせ、全粒粉入りのもっちり生地で包んだのが「じゃがいもタルタル」です。仕上げのパルメザンチーズに食欲を刺激されますよ。ボリューム満点!1個食べるとかなり満腹になります。

 

 

昨年も大人気だった「じゃがいもタルタル」。

「チーズインチーズ」とともに、カムバックです。

 

とく

 

 

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

おかえりなさい「大人のコロネ」

2018.09.13

キィニョンの「大人のコロネ」は名前の通り「大人」な味わいです。

ベルギー産のカカオ分60%チョコレートを使用したコロネクリームなので、甘さがとっても控えめです。口溶けが良く上質なチョコレートにカカオマスやココアパウダー、生クリームを加えているので、濃厚な風味が堪能できます。

「大人になったらわかる味わい」と、いったところでしょうか。

甘さでカモフラージュされない上質な味わいです。

 

このクリームは工房の大鍋で丁寧にじっくりじっくり作り上げます。

人気商品なので、工房では毎日たくさんのクリームを炊いています。

 

 

濃厚なビタークリームと相性の良い、ほんのり甘い生地を採用しています。表面はパリっとしていて内側がふわりと柔らかい、食感の違いも楽しめます。筒型なのでチョコクリームとパンが、最初から最後まで同じバランスで楽しめるのも嬉しいポイント。

 

不思議なもので、自分の体調によってコロネクリームの味わいに差が生じるような気がします。

時に甘く、時にほろ苦く。

私だけの感想かと思ったら、賛同してくれるスタッフがいました(笑)

 

夏場はクリームが傷んでしまうので、おやすみしていた「大人のコロネ」。

9月16日にかえってきますよぉ。

 

とく

 


 

 

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line