カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:パン

イタリアの伝統的な菓子パン「パネトーネ」がキィニョンから

2017.12.07

 

イタリアでは馴染み深い「パネトーネ」。

ドイツでいうことろの「シュトーレン」に似た位置付けでしょうか。クリスマス特有の菓子パンなのだそうです。

 

そもそもは、トニーという菓子職人が作ったことに由来してイタリア語で「トニーのパン」という意味のパネトーネ。

パネトーネを名乗るには「パネトーネ種」という特殊な発酵種を使用しなければならないのですが、とにかく発酵に時間がかかります。キィニョンでは長時間低温熟成製法によって時間をかけ、丁寧に発酵を促します。急かさず、焦らず。そうすることで、口溶けの良い「パネトーネ」に仕上がるのです。

 

この「パネトーネ種」。「酵母」と「乳酸菌」が共生するデリケートな発酵種だそうです。たしかに、パネトーネを頬張るとほのかに乳酸菌を感じます!

 

 

 

(ふわっとしていて、口溶けが良い。

優しい甘さがあるけど、ちょっとパサついている?)

初めて食べたときの印象です。

 

確かに、パネトーネは他のパンに比べて水分量が少なめです。そのため、微生物が発生しにくく保存料なしで長期間おいしさが続くのです。

 

菓子パンという位置付けですが、キィニョンのパネトーネはとにかく優しい甘さです。

ラム酒に漬けたレーズンと、ドライマンゴー。チェリー、アップル、パインなどフルーツの砂糖漬けを合わせて焼き上げました。

そして、口溶けが独特です。

お酒を使用した商品になりますのでご注意下さいね。

 

 

イタリアではクリスマスの象徴とも言われるくらいメジャーなパネトーネ。

家族や友人、大切な人と一緒に楽しい時間をともにする伝統菓子パン(近年では一年中見られるそうですが)。

 

今だけのお楽しみです。

リッチな味わいをぜひ一度お試し下さい!

今年は4回にわけてお焼きします。

販売日は12月12日〜、14日〜、18日〜、21日〜となりますが、各日、販売数限定ですので店頭に在庫がない場合は次の販売日をお楽しみになさって下さい☆

 

国分寺本店、国分寺丸井店、エキュート立川店、ののわ国立店のみでの販売です!

とく

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

12月の新商品!目玉は「角煮パン」と「大人のラムレーズンパン」

2017.11.27

別れあれば出会いあり。

 

先日、11月末で終了する商品をご紹介しましたが、

本日は12月1日から始まる新商品の一部をご紹介します。

 

「角煮パン」

ゴロっと入った豚の角煮が存在感大。

肉肉しくて、食べ応え充分です。

角煮の上にのった刻み生姜が辛すぎず、さっぱりと角煮を頂ける絶妙なアクセントになっているのです。

もちっとした全粒粉入りのパン生地とも相性が良く、お腹いっぱい!になること請け合い。

 

 

 

「大人のラムレーズンパン」

大人の味わいです。

ラム酒に漬けられたレーズンがたっぷり入っていて、冷やして食べても美味しいです。

クリームチーズとの相性がよく、レアチーズケーキのような味わいです。

 

でもお酒にめっぽう弱い私は、1個食べると酔っぱらいになりました。

味は好きなんですが……。

 

寝る前のおやつとして食べるしか術がなさそうです(笑)

 

 

お酒好きさんは、昨年の販売時に「うまい、うまい」と朝から完食していました。

今年も一度はトライしたい一品です!

 

とく

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

間もなく終了しちゃうパン「栗あんぱん」「マヨごぼうパン」etc,

2017.11.22

新商品のお知らせをする事は多くても、間もなく終了する商品のお知らせができていませんでした……。

店頭には商品の横に「まもなく終了」popが付いていますが、頻繁にご来店下さっているお客様でなければスルーしてしまいますよね。

 

買う気満々で来店したのに、お目当ての商品がない悲しさ……。

 

11月末日〜12月の上旬で

「かぼちゃとくるみのおやき」

 

「栗あんぱん」

「マヨごぼうパン」

「カプレーゼ」が終了となります。

 

エキュート立川店のみで販売していた、「トルティーヤソーセージ」も終了になっちゃいます。

 

スコーンでは

「アップルタタンスコーン」

「スイートポテトスコーン」

 

が、終了になっちゃいます。

今回は個人的に名残惜しいアイテムが……。

 

 

食べ納めはお早めに!

 

とく

 

 

 

カテゴリ:スコーン , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

いよいよ11月16日よりシュトーレンが販売開始!

2017.11.11

 

ドイツの伝統的なクリスマスのお菓子「シュトーレン」。

色々なお店で個性豊かな「シュトーレン」に出逢えるので、

お気に入りを見つけたいものです。

 

キィニョンのシュトーレン作りは、
職人がドライフルーツを洋酒に漬け込むところから始まります。
そうして時間をかけて漬け込んだドライフルーツと、
ナッツをたっぷり加えて
大人心をくすぐるスパイスの効いた生地に練り込みます。

アーモンドの風味豊かな甘ーいマジパンをスパイスの香り豊かな生地で巻き込み、
オーブンでじっくり焼き上げ。

焼き立てのシュトーレンを溶かしバターにどぼんとくぐらせ、
コクのあるきび砂糖をまぶしたら完成!
シュトーレンは、キリスト様がおくるみで包まれた姿を
模ったものと言われていて、
白い粉糖をまぶすのが一般的ですが、
キィニョンではきび砂糖の茶色いおくるみです。

 

キィニョンオリジナルのラッピングに包んだら、

贈り物にもぴったりです。

シュトーレンは、時間とともに熟成していき、
少しずつ味が変わっていきます。
クリスマス4週間前の日曜日からクリスマスの日まで、
少しずつスライスして食べるのが本場ドイツ流の楽しみ方!

 

まずは真ん中に包丁を入れ、端に向かって1センチ幅でカットして召し上がれ。

保存するときは切り口をぴったりくっつけ、ラップでしっかり巻いて下さいね。

 

私は甘くてスパイシーなキィニョンのシュトーレンが大好きで、

毎年1本では足りずに2本3本と買い占めています。

 

今年も、とってもとっても楽しみです。

とく

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

本店限定「レモンでさっぱり!テリヤキチキンバーガー」いただきました

2017.11.07

平日限定、数量限定でご用意している本店限定バーガー。

限定が3回も登場する希少な品です(笑)

 

 

スタッフのまきこさんが平日手づくりしてくれるまきこさんバーガー(私が勝手に呼んでます)にハズレなし。

今回は「美味しいテリヤキチキンが食べたい!」の、おねだりが実現!!念願かなった商品なので食べないわけにはいきません。

 

はい。美味しく頂きました。

バンズは以前からご紹介している通り、キィニョンのヴァイツェンを使ったゴマたっぷりのもっちり生地。

もも肉を一晩下味に漬け、当日に焼き上げるテリヤキチキンは柔らかくてジューシー。テリヤキソースたっぷりでベタベタなタイプではなく、お肉に味が染み込みながらもスッキリした味わいです。

 

ここで注目!「レモン」のパワー

 

レモン一つでこんなにもお洒落で上品な味わいに!?と、思わずにいられません。イメージは丸の内とか銀座のOLさんが食べてそうなテリヤキチキンバーガーの味わい。レモンにありがちな苦みもなく、レモン一つでこんなに味のイメージがかわるのか!と驚きました。輪切りレモンが見た目もオサレ。

 

全体の味を引き締めてくれる「からしマヨネーズ」もナイス! おそらく普通のマヨネーズだったら、これほど味にメリハリがつかなかったように思います。多すぎず、少なすぎない。この絶妙なバランスが地味ながらも満足度に大きく影響。

 

 

レタスもしっかり入っています★

 

甘辛ダレのこってりテリヤキチキンをお求めの場合はおススメしません。

そういう味を求めている時ってありますよね。わかります。凄くよくわかります(笑)

みたらし団子に近い味わいを求めてる時。

 

でも、こちらは上品な味わいです。

こってりというより、すっきりな味わいです。

 

ボリューム満点ですが、「ミルクティコロネ」が我慢できずにバーガーの後のコロネで満腹指数120%

食べ過ぎ感を感じましたが、翌日のランチで同僚女子が同じメニュー(テリヤキチキンバーガー&ミルクティコロネ)を食べていました(笑)。オフィススタッフおすすめの組み合わせです!

 

とく

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line