カテゴリ

アーカイブ

アーカイブ:2020年 1月

グリルドチーズトースト8種類

2020.01.24

意味もなく、びよ〜んってしたくなる。モッツァレラチーズはのびが良いです!

このチーズの滝の横側からがぶって食べたくなります。

断面映えを狙うなら

「アボカド+カリカリベーコン+チェダーチーズ」

王道といえば王道。色味も鮮やかで、絶対美味しいやつですよね。私はアボカドが食べられませんけど…… 😭

 

「ツナマヨ+いぶりがっこ+チェダーチーズ」

これは、見た目地味!でも、味はかなり秀逸です。

この頃には、いぶりがっこが「いぶりー」と呼ばれるくらい信頼を勝ちとっていました(笑)お酒大好き関口さんは、全てのチーズサンドに「いぶりー」をインしちゃうくらい、気に入ったもよう。確かに、いぶりがっこ単独で食べるより風味がまろやかになって旨味が増して、芳醇になるような気がしました。鎌田ちゃん、グッジョブ。鎌田ちゃんがいなければ、いぶりがっことの出会いは違ったものになっていたように思います。

 

「カリカリベーコン+オイル漬けドライトマト+モッツァレラチーズ」

間違いない組み合わせですよね。でも、今回一番の反省点はドライトマトの扱い方かも。本当はもっと美味しくできたんじゃないか……。と、感じずにはいられない一品。

いや、美味しかったですよ。普通に。

 

「オイル漬けドライトマト+ハーブチキン+クリームチーズ」

クリームチーズ、大好きなんですよ。大好きなんですけど、温めて食べるより冷やして食べる方がすきだなー、と感じた一品です(笑)しかも、「フレッシュトマト・ハーブチキン・クリームチーズ」の非加熱サンドイッチの方が美味しいのではないか……。

一番以外だったのはこれかも。私はアボカドが食べられないので始めから相手にされていませんが、

「アボカド+ハーブチキン+ミックスチーズ」。

誰もがノーコメントでスルーしようとしたのが不思議。女子はアボカド好きでしょ???ハーブチキンも好きでしょ???ヘルシー女子の仮面をつけた酒豪女子の集まりだったのか!?この組み合わせでは淡白すぎたのか?!そういえば、ここでも「いぶりー」が活躍していました。

こちらも個人的に意外だった

「ハム+りんご+クリームチーズ」

温めたクリームチーズより冷たいクリームチーズの方が好きだなぁと思っていた矢先でしたからね。とろんとしたクリームチーズにロースハムの塩気、りんごの甘酸っぱさとシャキッと感。たしかに、美味しいわ。絶対、ハチミツも合うよね〜。と思わせる一品。良い意味で、予想を裏切られました。

 

「ハム+いぶりがっこ+モッツァレラ」

わざわざ言及する必要のない組み合わせ。ただ、いぶりーは映えない。それも明白な事実でした。美味しいけど、見た目が地味。モッツァレラチーズが塩分控えめな分、いぶりがっことロースハムの塩分が調和してましたね。

 

「ツナマヨ+りんご+ミックスチーズ」

こちらも、みんなノーコメントでした……。りんごの甘酸っぱさがツナの生臭さを引き立てちゃった感じです。もっと美味しいと思ったんですけどねぇって味わい。ツナメルト、とりんごで食べることをおススメします。

 

トロけるチーズの変わりにチョコレートを入れると、おやつとして違った楽しみ方ができそうですね!まだまだグリルドトーストとしての勝手な自由研究は続きそうです。

  • twitter
  • facebook
  • line

自由研究「グリルドチーズトースト」番外編

2020.01.23

いよいよ配布がスタートとなった情報誌キィニョン。

 

ご覧いただけましたでしょうか??

vol.3となる今回。

自由研究のテーマは「グリルドチーズトースト」です。チーズフォンデュにチーズピザ、冬になるとのび〜るチーズが食べたくなりますもんね。

できればパンはつぶしたくないと思った私。フードトラックの映画「シェフ」に感化されて「グリルドチーズトースト」に興味津々な都立多摩図書館店スタッフ伊藤さん。チーズといぶりがっこの相性を体験して欲しい!と情熱を燃やす国立スタッフ鎌田ちゃん。続々と研究員が集まりました。

使用したチーズはこちらの4種類。いずれもスーパーで手軽に手に入るチーズばかりです。左からミックスチーズ・チェダースライスチーズ・モッツアレラチーズ・クリームチーズ。

 

チーズと組み合わせるのは、こちら。

 

 

鎌田ちゃん以外は乗り気じゃなかったいぶりがっこ……。近所のスーパーには売っていなくて、国分寺駅構内の成城石井さんで調達しました。最初っからスモーキーな存在感が半端無い😭

いぶりがっこを食べ慣れていない私は、そもそもどう切り分ければいいのか分からなかったのでスライスと小さめダイスカットの2種類を用意してみました。

カリカリベーコンは事前に自宅で仕込んでいきました!作り方は別記事でお届けします。

ドライトマトも、事前にオイル漬けしましたが、ここだけの話1日オイル漬けにしたところでドライトマトがセミドライになる訳でもなく。ドライトマトを細断した方が美味しかったのでは?という反省点もありつつ、実験はすすみます。

 

ちなみに、ツナマヨは上野店スタッフ木村さんイチオシ。ツナメルトを狙ってる???

 

 

自由研究開始!

さーて、いよいよ研究スタートです。

まずは、若者2人にバターを塗ってもらいます。

(その間、年上研究員がサボっていた訳ではありません。ホットプレートの準備とか、お皿の準備とか、頑張ってくれていました!)

(鎌田)木村さーん。バターって1枚につきどれくらい塗ったらいいんですかね〜。

(木村)ここに置いてある分、全部使い切れるように塗ればいいんじゃないかなぁ。

(鎌田)バターの塗り方に変化をつけて、隠し文字とか書いちゃ言います?

(木村)暗号的な!?

(二人)い〜ね〜。

と、いう会話がなされていたか否かはわかりませんが(私は聞いておりませんで)、カロリーなんて気にしない、見事な塗りっぷりのパンが仕上がっておりました(笑)

 

お次は好みのチーズと具材を載せていきます。

一人2品づつ、チーズと具材に偏りが生じないように作ってもらいます。

(鎌田)皆さん、いぶりがっこも入れて下さいね!

(関口)この、コロコロとスライス、どっちのいぶりがっこが合うんだろう。

(鎌田)スライスだと思います!

(木村)あ、チーズが少なすぎたかも。

(鎌田)具の上にもチーズって載せた方が良いのかな。

(関口)チーズが接着役になる訳だから、具の上にもチーズは必要だね〜。いぶりがっこクリームチーズはつまみの定番だから違うチーズと組み合わせてみたいなぁ。

 

(伊藤)すご〜い。みんな載せ方がお上手!きれー。

 

(関口)こっちの面はそろそろ焼き色が付いたっぽいから、もう一枚パンを載せて裏返そう!

 

(一同)おー。バターのふつふつ感、たまらない。でも、チーズが全然とろけてないーーー。

 

(木村)フライ返しで上からとんとんしてあげると密着しやすくなっていいみたいですよ。

(関口)やってみよう!

(伊藤)関口さん、ストレス溜まってる?? そんなに力一杯押さなくても……。

(関口)いや、大丈夫です。蓋、しましょう。

しばし、蓋をしたホットプレートを囲んで女子4人酒量の話に華が咲いていました。なぜゆえ酒量トーク?(笑)

 

 

タコパ(たこ焼きパーティ)もいいですが、ホットプレートを囲んでのチーズトーストパーティも、かなりあり。だと実感しました。チーズをベースにいろいろな組み合わせを楽しめるし、何よりも断面映え、チーズ映えは食欲をそそります。それこそ、チーズはお酒にも合うし、夕飯にもなります。酒メインならパンの厚さを薄くするとか、一層のことフランスパンにしちゃうとか。アレンジも自由自在!

 

完成!オリジナルグリルドチーズトースト

みんなで作って、みんなで試食。

結構なボリュームです。中にはチーズもバターもたっぷりですからお腹パンパンになります!それでも、全種類制覇したいのが女心。耳のカリカリも良きアクセントでした。

 

なんでしょう。いぶりがっこの破壊力。

確かにいぶりがっこ単体で食べると主張が強くて受け止めきれないのですが、チーズと合わせると?グリルドチーズトーストにすると?もう、絶品。全種にちょこちょこ追いいぶりがっこをしちゃいました。いぶりがっこを加えると味に深みが出るんですよ! お刺身につけるわさび的な役割かなぁ。

 

自宅で「グリルドチーズサンド」を作る時は、フライパンで作れます。

実際、我が家も「ミックスチーズ+ハム」という、最もアメリカンな組み合わせで作りました。子ども達、喜んで食べていましたよ😀

 

皆さんもぜひお試しください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

  • twitter
  • facebook
  • line

情報誌「キィニョン」vol.03完成しました

2020.01.23

 

 

キィニョンでお買い上げのお客様に期間中配布しているフリーペーパー「キィニョン」。

いよいよvol.03が完成しましたー。

毎回、この時が2番目に好きです。

ちなみに、

1番好きなのはデザイナーさんから最初にデザインを見せてもらうとき。

1番ワクワクするのは、スタッフから推しパンの話を聞いているとき。

1番楽しいのは、みんなで自由研究しているとき。(を、撮影している時も)

1番ウキウキするのは、小さなお出かけに出かけているとき。

1番嬉しいのは、お客様から情報誌に対するお声を頂いたとき。

 

今回の自由研究は「グリルドチーズトースト」です。

小さなおでかけでは国分寺の通いたくなる果実店「くだものや」さんにお邪魔しています。

推しパン!では国分寺マルイ店スタッフと、東京経済大学店の製造スタッフが登場。それぞれのお気に入りを熱く語ってくれました。

通いたくなる「くだものや」さんってどんな店?
スタッフがオススメする生地の美味しいパンってどれ?
「グリルドチーズトースト」をどんな風に研究したの?

全ての正解は誌面にて!(blogでも公開していますが……)。

 

 

お楽しみに〜♪

(配布開始日は店舗によって異なります。早い店舗では本日より配布を開始しています)

  • twitter
  • facebook
  • line

キィニョンの食パン

2020.01.16

もちもち食感が自慢 キィニョンの食パン

目指したのは

「みなさまの生活の端っこに寄り添えるパン」

 

キィニョン食パンの原材料は小麦粉、三温糖、ショートニング、パン酵母、塩。毎日食べるものだからこそシンプルな材料で、そして素材を生かしたパン作りを心掛けています。

 

キィニョンの食パンづくりは”もちもちの元”湯種づくりから始まります。小麦粉に湯を注ぎ入れてこね上げ、一晩寝かせたら湯種は完成。簡単そうにみえるこの工程が、実は食パンづくりにおける要なのです。材料の温度も室温も一定ではない環境で、毎日生地と真摯に向き合うことでのみ生まれるいつもの味。この製法だからこそ小麦粉本来の甘みが引き出された、もちもち食感の食パンが焼き上がります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

赤ちゃんのほっぺ以上にもっちもちでふわっふわな湯種生地。ずっとずっとずーっと触り続けていたい心地よさ。

 

みなさまの「食べる分だけ」をご提供できるよう、サイズは半斤、1斤、1/2本、1本をご用意しています。

翌日も”もっちり” “しっとり”が持続するので朝食用のパンにおすすめです。小麦の甘みを存分に味わっていただける自慢の食パンを、一日の始まりにぜひ食卓へ。

 

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line

1月25日(土)、26日(日)「春まちパンまつり」
3店舗同時開催します

2020.01.14

今年の冬は信じられないくらいに暖かく、過ごしやすいです(温暖化の影響だと思うと身につまされます😭)。ですが、気温に関係なくインフルエンザや風邪は流行するのでしょうか……。旬の食材を取り入れて免疫力アップ!心にも体にもたっぷり栄養を注ぎましょう。と、いう訳で「春まちパンまつり」を国分寺本店、国分寺マルイ店、nonowa国立店3店舗同時開催します!

 

「ほうれん草&かぶとイベリコ豚のとろーり卵パン」

食感を楽しめるかぶとほうれん草、旨味が凝縮したイベリコ豚ベーコンを自家製ベシャメルソースと合わせました。ほんのり甘くてとろ〜り黄味が溢れ出す半熟卵を丸々1個加え、優しい味わいながらもボリューム満点の一品です。

 

「レンコンと生姜香る五種のやさいパン」

サックリレンコン、シャクッと里芋、にんじん、長ネギ、ひじきを生姜味噌で味付け。もちっとしたフランスパンと合わせた野菜パン。野菜の甘みを楽しんで!

 

 

 

 

「ほうれん草とチキンのサグカレー」

素材の味と鶏肉の香ばしさをぎゅっと詰め込み、5種類のスパイを効かせた自家製カレーフィリングを全粒粉入りの生地で包みました。水分を加えず、ほうれん草をペースト状にしてとろみを出した無水カレーです。

 

「デコポンリング」

柑橘類の優等生デコポンを使った自家製デコポンジャムを、もっちりフランス生地と合わせた「デコポンリング」。柑橘独特の爽やかな風味と甘みにクリームチーズの酸味が相性ピッタリ。食べ始めたら止まらない、小悪魔パン。

 

「バターソテーりんごのブリオッシュ」

通常全卵を使うことの多いブリオッシュ生地ですが、今回は卵黄だけを使い、水のかわりに牛乳と生クリームを加え、口溶けが良く贅沢な味わいに仕上げました。ここに、濃厚な自家製カスタードクリームとバターソテーしたりんごスライスをオン。りんごの酸味とカスタードクリームの甘みがマッチしたケーキのようなおやつパンです。

 

「3種のスパイスのキャロットケーキ」

生クリームがたっぷり入ったキャロットケーキ。名前はキャロットケーキですが、スコーンケーキです。表面はスコーンのようにサックリ、中はしっとり。頬張った瞬間からスパイスの風味が口いっぱいに広がります。細かく刻んだ人参と人参ペースト入りの生地からはレーズン、オレンジ、くるみ、人参が次々と顔を出す贅沢な仕上がり。クリームチーズフロスティングが好アクセントでアメリカーン!

 

「デコポンシフォン」

甘みと酸味における高基準を満たした不知火のみが「デコポン」を名乗れる、という柑橘類の優等生デコポン。安定感抜群の味わいです。ジャムにするにはもったいないデコポンですが、ジャムにしても美味しさにかわりはありません!デコポンを自家製ジャムにしてしっとりふわっふわのシフォン生地に加えたのが、「デコポンシフォン」。優等生な味わいをお楽しみ頂けます。

 

美味しく食べて、いっぱい笑って、元気に冬を乗り切りたいですね!

カテゴリ:イベント , パン
  • twitter
  • facebook
  • line

オレンジとカカオのオートミールクッキー

2020.01.09

 

年が明け、油断しているすきに店頭に並んでいた「オレンジとカカオのオートミールクッキー」。男前な見た目が目を引きます。

 

大人気な「りんごとオートミールのクッキー」、「レモンとココナッツのオートミールクッキー」に続く第三弾です。ちなみに、オレンジピールと言えばチョコレートとの組み合わせが王道ですがこちらにはチョコレートが入っていません。オレンジピールとカカオの組み合わせです。オレンジピールを事前に有機レモンジュースで漬け込んでいるので、口当たりは軽く風味は抜群。しっかり焼き上げたアーモンドスライスとオートミールも手伝って食感はサクッサクです。また、バターではなく平出油屋の菜種油を使っている点も、口当たりの軽さに寄与しているのかと。

とにかく、サクサク。だから、食べる手が止まりません😭

 

芳ばしさも加わって、大人な味わい。

 

ちょっとしたお裾分けにもピッタリなサイズ感が嬉しいクッキー。自分用にもプチギフトにもオススメです。

カテゴリ:焼菓子
  • twitter
  • facebook
  • line

キィニョンはポテサライヤー2020

2020.01.07

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

いよいよ、2020年が本格的に動き始めましたね。

相変わらず観戦チケットに縁のない我が家は全く実感が湧いておりませんが、少しずつオリンピックも現実味を帯び始めてまいりましたね。

今年はオリンピックから目の離せない1年となりそうですが、

キィニョンのポテサラパンからも目が離せませんよ!!!!!!!!!!!!!

第一弾は「カリーポテサラ」です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ポテトサラダじゃないんです。ポテサラなんです。これは。北海道産じゃがいもを使って薄味に仕上げられており、しっとりかつ軽い口当たりでカジュアルな感じのスナック感覚・おつまみ感覚なポテサラ。
このポテサラをベースに旨味たっぷりのベーコンとカレースパイスを合わせたのが「カリーポテサラ」です。

真っ先にイメージされる、カレールーで作るカレーではないです。カレー粉を中心としたスパイスに旨味たっぷりの炒めベーコン、玉ねぎを加えたスッキリした味わいのカレー。どちからと言うとインドのスナック『サモサ』に似ています。スパイス感は強いですが、辛くはないです。

サクッと、もちっとな全粒粉入りのパン生地に包まれたカリーポテト。

あなどるなかれ。中毒性高めです。

パクパクっと食べられちゃいます。

 

ランチにもピッタリですが、つまみにもピッタリです。

トースターで温め直すと絶品ですが、冷たくても美味。

 

 

 

 

カテゴリ:パン
  • twitter
  • facebook
  • line