カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:情報誌キィニョン

【自由研究「スクランブルエッグ」の
アレンジレシピ no.7】

2019.10.31

【カボチャとクミンとナッツのインドスクランブルエッグ】

サラダ油 大2

玉ねぎ(荒みじん) 80g

カボチャ(1cm幅) 80g

クミンシード 小1/2

卵 4個

★赤唐辛子粉末 小1/2

★ターメリックパウダー 小1/2

★カレー粉  小1/2

★塩 小1/2

★ブラックペッパー 少々

にんにく(みじん切り)小1/2

青唐辛子 1本

(無ければ、ししとう 2本)

好みのナッツ(アーモンドやピスタチオなど) 20粒

【レシピ】

1・溶いた卵に★の材料を加え、混ぜる。

2・かぼちゃはあらかじめ蒸す又はレンジで加熱しておく

3・フライパンにサラダ油を入れてクミンシードを炒め、香りが出たらにんにくを加えて炒める。玉ねぎを加え、しんなりしたらナッツ、カボチャを加える。

4・1の卵液を入れ、ふんわりと仕上げる

 

 

辛みよりスパイスの香味がジワジワ後引くスクランブルエッグ。インドのスクランブルエッグに日本の食材を合わせ、食べやすく仕上げました。ナッツって、卵と合うんですね!新鮮な驚きです。食感に変化が加わり絶妙! 卵が主役だからか、まろやかな印象です。青唐辛子の爽やかな辛みがメリハリをプラスしてくれておるんです。

 

ナンの国からお越しのスクランブルエッグだからなのか、硬くて薄いパンが合いそう!との意見。たしかに。ピタパンと合わせたいです。もしくは、パンの耳。耳の部分に、この子達を載せてモグモグしたいですね〜。

 

あ、美味そ。

ハートランドとかの、瓶ビール片手に楽しみたい。

 

スパイスいろいろってなると、再現するにはちょっとハードルが高いですが……。手元にスパイスいろいろお揃いなスパイス好きのあなたは、ぜひ、お試しください(笑)

 

 

  • twitter
  • facebook
  • line

【自由研究「スクランブルエッグ」の
アレンジレシピ no.6】

2019.10.31

「じゃことのりのスクランブルエッグ」

 

【レシピ】

a  卵  2個

a しょうゆ 1.5g

a 塩 0.5g

a だし 40g

ちりめんじゃこ 15g

焼きのり 1/2枚

万能ねぎ 2本

ごま油  5g

《作り方》

1・aを合わせて卵液を作る

 

2・焼きのりを食べやすい大きさに手で切り分ける

 

3・熱したフライパンにごま油を入れ、ちりめんじゃこを投入したらすぐに1の卵液を入れ、2の焼きのりも加えてふわふわスクランブルエッグを作る(情報誌キィニョンvol.2参照)

 

 

4・スクランブルエッグを盛り付けたら、上に万能ねぎをあしらう。

 

 

写真に写っている茶色い物体は削り節です。調理を担当してくれている亀ちゃんが「最近ハマってるの」と、持参してくれた“生ハムのような鰹節 食べる削り節”と、いう代物。味が濃く、生ハムというかビーフジャーキーのような美味しさです。研究員たちは亀ちゃんから購入先を聞き出していました。きっと、近々研究員たちの食卓を彩っているであろう削り節。必須ではないので、レシピにはのせていません。ふわっふわのスクランブルエッグを和風仕立てにすると、ご飯に合う!もう少ししょう油の量を増やして、出来上がった「じゃことのりのスクランブルエッグ」をご飯にのせれば立派な「じゃことのりのスクランブルエッグ丼」の出来上がりです。カルシウムたっぷり!焼き海苔を韓国のりに変更しても、美味しそうです。

 

ふわっふわスクランブルエッグは加熱しすぎない事が重要なので、究極の時短料理。さらに「じゃことのりのスクランブルエッグ」に至っては下ごしらえがとっても楽チンなので、夏場にぴったりのスクランブルエッグですね!(思いっきり季節は冬に向かっていますが……)

 

ぜひ、お試しくださーい。

カテゴリ:自由研究
  • twitter
  • facebook
  • line

【自由研究「スクランブルエッグ」の
アレンジレシピ no.4 】

2019.10.18

「秋なすとカボチャのトルコスクランブルエッグ(秋なすとカボチャのメネメン)」

【レシピ】

オリーブオイル 大2

玉ねぎ(荒みじん) 小1/2(約80g)

ナス(1cm幅) 1/2本(約50g)

カボチャ 1/8(約80g)

カットトマト缶 200g

たまご 3個

塩 小1/2

赤唐辛子(粉末)小1/4

イタリアンパセリ

 

《作り方》

1・カボチャはレンチンして柔らかくしておく

2・フライパンでオリーブオイルを温め、玉ねぎ・ナスを加えて炒める。しんなりしたらカボチャとトマト缶を加えて3分程煮込む。塩・赤唐辛子粉を加えて味を整える。

3・溶き卵を回し入れ、触らずにそのまま1分程したら木べらで軽く混ぜ、卵に完全に火が入らないうちに火を止める。イタリアンパセリをトッピングする。

 

 

トルコのスクランブルエッグ「メネメン」を和の食材と組み合わせてアレンジ。トルコでは青唐辛子を入れることが多いようです。旨味を吸収した秋なすがとってもジューシー。かぼちゃの甘みで食べやすく仕上がっています。食材豊富でボリューム満点なので、メイン料理として夕食に出せます!

 

自由研究員の谷さん、食べた瞬間「これ、女子が好きな味だ~」って。

 

食材をアレンジして、オリジナルのメネメンを作ってみてくださいね!

  • twitter
  • facebook
  • line

【自由研究「スクランブルエッグ」のアレンジレシピ no.3】

2019.10.17

「ジャーマンポテト スクランブルエッグ」

【レシピ】

卵  120g

じゃがいも 中1個(約80g)

たまねぎ 1/4(約40g)

コーンビーフ 20g

サラダ油 小2

塩 1/4

胡椒 少々

イタリアンパセリ 少々

 

《作り方》

1・じゃがいもはあらかじめ火を通しておきます(この日はレンチンしました)。荒めのマッシュポテトにする。

 

2・熱したフライパンに油をひき、玉ねぎを炒めたらじゃがいもを加え、コーンビーフを合わせて混ぜながら炒める。塩・胡椒で味を整えたら溶いた卵を加えてふんわりと仕上げる。

 

自宅で簡単に再現できちゃう、特別な日常にぴったりな一品です。じゃがいもと玉ねぎがゴロっとしているので、食べ応えもあります。

 

コーンビーフの塩気と旨味を染み込んだじゃがいもと、甘みが引き出された玉ねぎを卵でふんわりと優しく包み込んだドイツ風スクランブルエッグ。やっぱり、ビールが似合います!(私、下戸なのでビール飲めませんけど、飲みたくなる気持ちはわかります)。秋風にあたりながら、ビール片手につまみたいですね~。キャンプ飯にもピッタリ。ロールパンや食パンに挟んだり、バゲットにのせたり、パンとの相性も抜群です。

 

 

個人的には黒胡椒をちょっと多めに入れるのが好き。グンと良くなります。

朝食にも、昼食にも、夕食にも、晩酌にも、万能なスクランブルエッグです!

 

 

  • twitter
  • facebook
  • line

「うれしい」みつけた小さなおでかけ《御菓子司さかもと》さん

2019.10.17

食欲の秋、ほっこりの秋

国分寺南口にある昭和33年創業《御菓子司さかもと》さんへ小さなおでかけ。駅からは近いのですが、路地裏にあるので少し見つけ辛いかもしれません。それだけに知る人ぞ知る特別感が「うれしい」です。

 

もともとはキィニョンスタッフを介したご縁がある《さかもと》さん。

店内には本日お目当ての「かりんとう饅頭」や「どら焼き」が並んでいました!他には、羊羹や上生菓子も。茶道におけるお茶会でも使われる「練り切り」が凛とした佇まいで我々を見つめており……。目があった瞬間、お買い上げしそうになります。

 

【どら焼き1個100円(税抜)/ かりんとう饅頭1個100円(税抜)】

2日かけて練り上げる自家製の粒あんがたっぷり詰まった「どら焼き」

一口頬張ると

こんな笑顔が弾けます。

甘いものが得意じゃない次男もうらやむ笑顔。

 

 

我慢できずに、頬張りたくなります!

 

小振りな「どら焼き」ですが、食べ応え十分。

次男は一口で大満足!

 

 

サッカー少年たちもトリコにする「どら焼き」です。

 

「かりんとう饅頭」は黒糖の濃厚な甘みを楽しめる皮。表面はカリッと、中のこしあんはしっとりです。小振りなので、食べやすいところもお気に入り。大きいと食べきれる自信がなくて戦意喪失しちゃいますから。

 

一度お店を離れ、他の和菓子屋さんで修行したというご主人の作るお菓子はどれもこれも、しっかりした素朴な味わい。

 

そして、何よりもお楽しみなのが「おだんご」

これ、もう買うしかないでしょ!食べるしかないでしょ!!

とくにおススメなのが「あまからだんご」。もっちりのおだんごにあまじょっぱいタレ。みんな大好き甘辛ダレ、ですよね?

どれもこれも、お手頃価格(1本税抜70円)な点も涙ものです。他にお味は「しょうゆだんご」と「あんだんご」があります。

 

「さかもと」さんはお赤飯も絶品!

国分寺スタッフが太鼓判を押す赤飯は、事前(2・3日前)に電話かご来店で相談すればご用意頂けるそう。知らなかった……。次男の「お食い初め」の際、赤飯を探しまわった挙げ句冷たくて固い赤飯を購入し、それならレンチン赤飯の方がましだった!と後悔した記憶が蘇ってきました。もっと早く知りたかった😭 けれど、知り得たことに感謝感謝。これからは、お祝い時の赤飯は「さかもと」さんにお願いします!

 

 

ふと、気になった国分寺「三角山」

国分寺に三角山なんていう山があったっけ?

「昔ね西武線と中央線が交わる国分寺駅北口駅前あたりに、三角山ってのがあったんだよ」

と、かつて存在していた「三角山」のことをご主人から教わりました。

変わりゆく街と人、変わらない街と人。

国分寺を長年見守って下さっている「さかもと」さん。

 

私たちに「うれしい」日常を届けてくださる「さかもと」さん。

これからも、末永く国分寺を見守って下さいね。

 

また近々おじゃましまーす。

  • twitter
  • facebook
  • line