カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:情報誌キィニョン

フリーペーパーキィニョンの「手づくりソーセージ」

2020.04.09

今回配布中のvol4。

手づくりソーセージ作りに挑戦しました!

感想は、ひたすら楽しい♪

こちらは、大人がモクモクと楽しむのに向いているかと思います。

子どもと一緒だと、お肉が温まっちゃっいそうでイライラするかも。

 

本当はね、キィニョンご自慢の?手づくりソーセージを召し上がっていただきたかったです。お披露目の機会を作りたかったです。でも、コロナウィルス感染拡大防止で緊急事態宣言が発令されましたから、それどころではなくなっちゃました😭

 

逆を返せば、自由研究をしておいて良かった。

 

自家製手づくりソーセージ、美味しかったです。お肉をこねたり、スパイスを調合したり、羊腸に肉詰めしたり、猛烈に楽しかったです。

 

ハーブやスパイスを自由に代えられるのも、手づくりソーセージの醍醐味ですよね。

 

どうですか??

作ってみたくなりました???

 

お次は、オリジナルソーセージのレシピを公開しますね〜。

お楽しみに〜♪

 

  • twitter
  • facebook
  • line

フリーペーパーキィニョンの「グリルドチーズトースト」

2020.04.09

自由研究の第3回は「グリルドチーズトースト」でした。

 

感染症が流行するなど露にも思わなかった頃に行なった自由研究ですが、今こそおすすめです。とくに休校中のお子さまがいるご家庭では、毎日3食の献立を決め、調理する日々にも少々お疲れなのではないでしょうか。私がそうなのですが……。

 

ホットプレート1台で!

アメリカ式手巻き寿司?!

イメージとしてはアメリカ式手巻き寿司。

具材さへ準備すれば、あとはそれぞれが食べたい食材を食パンにのせて焼くだけ。

具材だけ準備して、あとは各々が食べたい具材をご飯にのせて巻く、手巻き寿司に似ていません???

 

違う点が1つ。焼き上げるまでに時間がかかるってこと。焼き奉行がいてくれると完璧です。

中に入れる具材しだいでは、お酒のつまみとしても絶品です。

その際は、食パンは薄切りがおすすめです。何なら、シンプルイズベストで。8枚切り食パンにたっぷりバターを塗り、チーズを挟む。カリッカリに焼き上げたパンととろーりチーズがお酒に合います。

 

 

いぶりがっこ、おすすめですよーーーー。

お試し下さい!

 

何かおすすめの食材があれば、教えて下さいね。

私もいろいろ試してみたいなぁ✨

自由研究当日の様子は「グリルドチーズトースト番外編」

こちらから↑

実際に試した8種のグリルドチーズトースト

いぶりがっこの活躍を紹介しています(笑)

 

 

vol03に参加してくれたスタッフの推しパンです!

  • twitter
  • facebook
  • line

フリーペーパーキィニョン「ふわふわとろとろスクランブルエッグ」

2020.04.09

自宅で過ごす時間が格段に増えましたね。

できない事に思いを馳せると悲しいので、できる事に目を向けたいと思います。

なかなかできなかった料理、日頃目を背けてやり過ごしていた片付けに取り組んでみたり、世界中のアーティスト達が配信してくれるライブ映像を鑑賞したり、二度と訪れないであろう、二度と訪れて欲しくない、この非日常を少しでも前向きな気持ちで過ごしたいなぁと思います。

キィニョンでは昨年の夏から、フリーペーパーを発行してきました。キィニョンで働くスタッフが選ぶ偏愛パンを紹介したり、勝手に自由研究を行なったり、「うれしい」を見つけにお散歩に出かけたり……。

 

完成まで約30分!

フランス式「とろとろ」スクランブルエッグ作りに挑戦

 

第2回目は「スクランブルエッグ」を自由に研究しました。

「スクランブルエッグ」に2種類の作り方があるのをご存知ですか????

私が普段作っていたのは、どちらかと言えば「ふわふわ」スクランブルエッグ。「ふわふわ」と呼ぶにはおこがましい「ふわふわ」感ですが😭

 

バターを入れたフライパンに牛乳、塩を加えた卵液を流し込むタイプです。

でも、牛乳を生クリームに、菜箸をアンベラに替えたら……。ふわふわ&コク深いスクランブルエッグに!

 

さらに、湯煎で静かに卵液を加熱していく「とろとろ」スクランブルエッグ。もう、スクランブルエッグというよりソースでした。絶品ソース。フランスで食べられていたようですが、さすがに手間がかかり過ぎるから、最近のフランス家庭料理としてはあまり知られていないようです。この「とろとろ」スクランブルエッグ、クロワッサンにお似合いでしたよ。

 

自由研究では、スクランブルエッグに合うパンを食べ合わせています。

 

 

番外編では、「ふわふわ」スクランブルエッグをベースとした色々スクランブルエッグのレシピや、インドのスクランブルエッグ、トルコのスクランブルエッグを和素材でアレンジして仕上げたスクランブルエッグのレシピもご紹介しています。

「エビとパクチーのスクランブルエッグ」

「きのことサルシッチャのスクランブルエッグ」

「ジャーマンポテトスクランブルエッグ」

「秋なすとカボチャのメネメン」

「サーモンとサワークリームのスクランブル」

「じゃことのりのスクランブルエッグ」

「カボチャとクミンとナッツのインドスクランブルエッグ」

 

ご家庭で、いろいろなスクランブルエッグをお試し頂けると嬉しいなぁと思います。

 

ちなみに、この時に登場してくれたスタッフの「推しパン」

 

あ〜、パクチーモリモリのスクランブルエッグが食べたくなってきましたー。

  • twitter
  • facebook
  • line

フリーペーパーキィニョンの「究極のバタートースト」

2020.04.09

生活が制限される日々。

これまでの日常がどれほど尊かったを実感させられます。

できない事に思いを馳せると悲しいので、できる事に目を向けたいと思います。

 

キィニョンの「究極のバタートースト」

キィニョンでは昨年の夏から、フリーペーパーを発行してきました。キィニョンで働くスタッフが選ぶ偏愛パンを紹介したり、勝手に自由研究を行なったり、「うれしい」を見つけにお散歩に出かけたり……。

第1回目は「究極のバタートースト」を探し求めて、食パンの厚さや切込み方、バターの塗り方を何パターンも試しました。我々が行き着いた「究極のバタートースト」レシピを再現してみてはいかがですか?それとも、究極を上回るバタートーストのレシピを試しますか?究極を上回るバタートースト、完成したらぜひ教えて欲しいです!

 

 

これまでの情報誌がお手元にある方は、ぜひぜひ試してみて下さい!

お手元にない方はこちら!

情報誌キィニョンvol.01です

スピンオフの小話

「究極のバタートーストを作りたいー前編ー」

「究極のバタートーストを作りたいー後編ー」

誌面ではご紹介しきれなかったバタートーストまでの軌跡をご紹介しています。

「グラスフェッドバター」と「発酵バター」、バターの違いで味わいは異なるの???

気になる疑問を解決すべく食べ比べてみましたーー。という内容の記事です。

バタートースト番外編

 

バターにプラスα何かを加えると、バタートーストがもっともっと美味しくなるかも!

トースト&バターに合う食材を試してみました!!オリジナルレシピつきです。

「美味しく暮らす『バター+α』

  • twitter
  • facebook
  • line

国分寺北口の「くだものや」さん

2020.01.30

今回の「うれしい」みつけた小さなおでかけ。

本店トーストセットの自家製ジャムや、本店イベント時にお世話になっている果実店【くだものや】さん。お店の名前が、【くだものや】さんです。

 

国分寺駅北口から徒歩約5分。スーパーオシャレな自転車屋さん「フリーパワーショップ国分寺(株式会社Olympicの1階)」を右折した小道中腹にあります。

 

とある冬の午前中に伺った私たち。

静かな路地に一角だけ人だかりがあり、すぐにそこが【くだものや】さんだとわかりました。

 

 

なんとも、心惹かれる「OPEN」サイン。

アメリカンダイナーチック?

 

果物もたっぷり。

ひっきりなしにお客様が来店され、しかも皆さん店主と会話をしながらお買い物されるので、邪魔にならないよう我々はしばし陰を潜めておりました。

 

「贈り物として見繕ってくれるー?」

「みかん1kgとりんご4個と……」

「急がないなら運んであげるよー」

「小さいのと大きいの、どっちが良い?」

「そこのみかん、試食して良いよー」

次々に果物が売れていきます。そして、その度に品出しの手が止まるため、店頭に並ぶのを待ち構えている果物もいます。お目当ての果物が決まっている場合は、店頭で見つけられなくても店主に聞いてみて下さい。「あるよー」って、箱から出して下さるかもしれませんよ。

ちなみに、バナナは私たちがお邪魔している間に完売しちゃってました。

 

【くだものや】さんは、希望すれば購入した果物を配達してくださいます。

「果物は重いからね〜。この辺には他にお店もない。わざわざうちに果物を買いに来てくれている訳だからねぇ」って、おっしゃっていました。

そして、果物を買いに来たおばあちゃんに、

「送ってあげるから車に乗ってて!」

と、奥様。

配達途中に自宅まで送ってあげるから、とのこと。おばあちゃんはゆっくりとした足取りで、配達用トラックの助手席に乗り込みました。

 

配達用果物を次々とトラックに積み込んでいる間、助手席で静かに座って出発を待ち続けるおばあちゃん。なんだか、とっても心の温まるワンシーンでした。

 

見るからに美味しそうな果物たち!

ご覧の通り、安さをウリにしているお店ではないです。

我が家は果物を常備してはいませんが、季節の果物は買います。梨やぶどうは縁あって贈ってもらっていますが、夏のスイカ、メロン、冬の苺は子ども達も大好で、買って帰ると秒殺……。りんご、みかん、キウイ、グレープフルーツ、時々さくらんぼ。普段の果物は近所のスーパーで購入するのですが、毎回カケです(前回は外しました😭)。美味しいときもあれば、残念な場合もあって、でもそれをお店の方に伝える術はありません。

 

会話が楽しい果物屋さんです。

 

お仕事体験に訪れた中学生の手書き。

若者からも愛されています。

 

自由研究「グリルドチーズトースト」で使うりんごを買おうと思ったら。味見してごらんよ〜っと、店先でおもむろに剥いてくれました。ありがとうございます!美味しい〜💓

何個からでも対応してくれる【くだものや】さん。

ふと、20年近く前に暮らしていた西荻窪の八百屋さんを思い出しました。

「カレー作ろうと思って……」「野菜炒めにしようかぁ」と、メニューを伝えると「じゃぁ、これかな」ってお野菜セットを作ってくれた八百屋さん。当時一人暮らしの私はスーパーで複数種の野菜を買うよりも有り難く、この八百屋さんに通ってたなぁ。今思うとスーパーにもバラ売り野菜の販売はあって、そこで買っても良かったんですけど、八百屋さんで買っていたのはやっぱり居心地が良かったんでしょうね。

 

そんな感じです。

「家族4人だから4個で〜」とか、「ジャム作りたいから……」とか、用途や希望を伝えると応えてくれる【くだものや】さん。味の好みにも向き合って下さいますから、ぜひ、店主との会話を楽しむ気持ちで【くだものや】さんへ訪れてみてください。毎朝の食卓が果物で充実するかもしれませんよ〜。

 

 

末永く、国分寺で営んで欲しい【くだものや】さん。

これからも、お世話になります!

  • twitter
  • facebook
  • line