カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:スコーン

シャンシャン生誕記念!キィニョン上野店にて「スコーンボックス」好評販売中

2018.06.14

キィニョンエキュート上野店限定!

シャンシャン1歳のお誕生日を記念して、「シャンシャン スコーン手みやげセット」を販売。

プレーン・紅茶・マーブルチョコ・沖縄黒糖とくるみ・濃厚宇治抹茶の5種類を各1個ずつ詰め合わせ。

シャンシャンをモチーフにしたスコーンボックスとステッカー付きです。

ボックスは2種類から選べますよー。

 

残念ですが、

四角いお顔(?)のパンダのボックスは、上野店のみのデザインです。

もう一つ、キィニョンとパンダさん(おそらくシャンシャン)がなかよく描かれているのは、上野店先行販売!!

本当に、残念です。

パンダ好きさん、せっかくなので上野まで!お願いします。

7月1日までしか販売していません。

※7月1日を過ぎてもステッカーがある限りお付けして販売いたしまーす!!

 

近くまでお越しの際は、ぜひお立ち寄り下さい。

天気と時間にご都合つけば、ぜひ、上野まで。

 

永久保存版的にゲットしたいステッカーとボックスです。

シャンシャンの1歳は一生に一度だけですからね。

来年は2歳ですから。

 

ちなみに、「シンシン」「シャンシャン」の整理券配布制度は中止。上野動物園指定観覧列なるものにお並びいただき、順番にご案内という方式になったようです。

 

せっかくなら、おじさま層をもとりこにするキュートなシャンシャンを拝み、女子力を向上させたいものです。

 

とく

 

シャンシャンと一緒に帰ろう! “シャンシャン スコーン手みやげセット”発売!

カテゴリ:イベント , スコーン
  • twitter
  • facebook
  • line

冷たい!がおススメな
桃とクリームチーズのスコーン

2018.05.31

先日オフィスの先輩に

「とくちゃんは何でも冷やす」と、いうお言葉を頂戴(誰も褒めてないけど)し、無自覚ながらもすぐに冷凍する自分に気がつきました。

 

カビと腐敗が嫌で、とりあえず冷凍庫に入れるクセがついておりました。お肉もパンもスコーンも。

食べるときは自然解凍&レンジかオーブン。ものぐさなので、大抵レンジですませてしまいます……。ちゃんとオーブンでリベイクすればもっと美味しく頂けるんだろうなぁと、多分に思いますが。

そこで気付いたのが、「いちじくとくるみのスコーン」は冷やすと絶品!であること。

温めるより、断然冷やした方が美味しく頂けると思うのです。

そして、「桃とクリームチーズのスコーン」もしかり。

冷やすと爽やかにいただけます。

最近の新作はクリームチーズをしっかり混ぜ込むタイプのスコーンが主流でしたが、こちらは大きめのクリームチーズをざっくり合わせるタイプです。食べた際にクリームチーズと出会えると、スッキリとした味わいに嬉しくなりますが、実のところあまり出会えないみたいです。暑い時期の仕込みや焼成でクリームチーズが溶けいってしまうのですね。それはそれで、桃のチーズケーキのような味わいです。

 

冷凍庫から出して、スライスして、冷たいうちに食す。

暑い季節の贅沢です。

アイスばかりじゃ、内蔵が冷えてしまいますからね!ご注意下さい。

 

6月1日から販売開始の新商品です(店舗によっては販売日が異なる事があります。詳しくは販売店スタッフにお問い合わせください)

 

とく

カテゴリ:スコーン
  • twitter
  • facebook
  • line

素朴でコクのある「沖縄黒糖とくるみのスコーン」

2018.05.28

キィニョンフリークの方はすでにお気づきかと思いますが……。

最近、俗にいう「SNS」を頑張っています。

Facebookで広告を出してみたり、インスタグラムの更新頻度を上げてみたり。

 

 

少しでも多くの方にキィニョンの事を知って欲しいなぁ。と、いうのと、お客様とつながるきっかけを掴みたいなぁ。と、いうのが大きな狙いです。簡単ではないでしょうが、日々、努力を続けていくなかで何かしら糸口が見つかると信じています。

 

こんな感じで仕事も忙しいですし、宿題を嫌がる長男と折り紙ブーム到来中(私は折り紙、あやとりが大の苦手です)の次男を相手に母としても余裕がなく、さらにPTA活動もあり。なんだかもう、色々余裕のない日々なのです。こんな時は「沖縄黒糖とくるみのスコーン」にすがるしかありません。なんなら、「えだ豆三四郎」にビールって方法もありでしょうが、残念ながら私は下戸です。

「沖縄黒糖とくるみのスコーン」

素朴な味わいです。表面の黒糖がキャラメリゼされ、パリパリ感のある部分も食感が楽しいです。が、一番の狙いは「今頃沖縄は梅雨の雨かなぁ」とか「沖縄の青空と海風〜」などと、脳内トリップすることです。BGMは「島唄」か「涙そうそう」。一瞬、現実から完全に目を逸らし、『黒糖』と『くるみ』と『しっとりスコーン』と『沖縄』に集中する。まぁ、何一つ現実はかわりませんが、ちょっと癒されます。さっさと寝て、明日もまた頑張ろうって気持ちになれます。満足感があるので一つ食べると気持ちも切り替えられ、ズルズルと食べ続けなくて済みますよ。本当は、半分にして翌朝半分を食べる感じにしたいのですが……。それはムリでした。手が止まらず、気がつくと全部なくなっていました(泣)

 

ちなみに、翌日は表面に残るパリパリ感はなくなり、ひたすらしっとり。優しさに包まれる感じです。

 

大変なときこそ、深呼吸して、元気いっぱい過ごしたいもの!

ホッと一息つくために、「沖縄黒糖とくるみのスコーン」おすすめです。

6月1日より、販売開始予定です。

とく

カテゴリ:スコーン
  • twitter
  • facebook
  • line

抹茶の季節がやって来ました!
濃厚宇治抹茶スコーン解禁

2018.05.16

キィニョンの入れ替え商品で四季を楽しんでいる“とく”です。

 

そう

 

宇治抹茶の季節が到来したのですよ!

昨年までの「濃厚宇治抹茶スコーン」ファンの皆様、ごめんなさい。今年はモデルチェンジしています。

 

『北海道生乳を使用したクリームチーズを、生地に混ぜ込んでみました』バージョンなのです。よって、常温が美味しいかと。上にのったクランブルもサックサク! 鼻に抜ける上品な抹茶の風味が最高です。

宇治抹茶だからかしら?

高級なお抹茶だからかしら?

 

出しゃばらず、でもちゃんと存在感をアピールする名脇役はホワイトチョコです。名脇役に仕立てる為に、わざわざ粉砕する一手間を加えました。ところどころに点在する小粒の白い物体がホワイトチョコ。

 

限りなく濃厚で上品な抹茶スコーン。

贅沢な味わいです。

仕込み時の鮮やかなコントラストも美しい〜。

 

 

焼き上がりも、美しい〜。

 

とく

カテゴリ:スコーン
  • twitter
  • facebook
  • line

そのままでも、冷やしても美味しい「いちじくとくるみのスコーン」

2018.05.09

今、イチオシの「いちじくとくるみのスコーン」

 

クリームチーズを生地に混ぜ込んだタイプのスコーンです。

しっとり感はそのままに濃厚な味わいが特徴です。

 

ドライイチジク独特の濃厚な甘みと、ねっとりとした質感がクリームチーズ入りの生地と絡み合い、チーズケーキにような味わいになっています。焼いているので、レアチーズケーキではなくベイクドチーズケーキの方です。

 

そのため、冷やすと美味しいかも。

と、思って試してみました。

 

冷蔵庫で少し寝かせ、冷えたところをスライスしてパクリ。

 

 

ナイス!

 

チーズケーキっぽいです。

 

スタッフ数人にも試してもらいましたが、同意してくれました(強制はしてませんよっ!)

スライスしてから冷凍すれば、解凍時間が短くお好みの冷たさでお召し上がりいただけるのでおススメです。

 

なお、数々のスコーンを食べて来たオフィスのデザイナー曰く「当日が美味しいスコーン、翌日が美味しいスコーンとある中でこれは翌日が美味しいスコーンだね」と。なるほど! 恐らく、スコーンの種類によって1日寝かせた方が味が落ち着くというかしっとりしっくりくるものがあるって訳ですね。

 

納得。

 

実は、私も最近なんとなく気づき始めていました。

温めたいスコーン

常温スコーン

冷やしたいスコーン

が、いることを。

 

さらに、意外にも「当日常温スコーン」押しのスタッフが多い事は今回初めて知りました!

まだまだ奥深いキィニョンのスコーン。

 

自分のお気に入りスコーンのベストな食べ方。今後も追求していきたいものです。

とく

カテゴリ:スコーン
  • twitter
  • facebook
  • line