カテゴリ

アーカイブ

カテゴリ:推しパン

私の推しパン〜長坂編〜

2019.07.10

国分寺本店スタッフの長坂さん。

10年近く、本店を支えるベテランスタッフであると同時にオシャレママさんでもあります。きっと娘さんもオシャレな感じなんだろうなぁ。我が家の息子たちみたいに、首回りがヨレヨレに伸びたTシャツとか、白いはずがベージュになったズボン(純粋に泥汚れが落ちなくなった)とか、着てないんだろうなぁ、という感じです。

(本店改装の際も看板を塗り塗りしてくれましたー)

 

本店では毎月パン便りを手描き作成してくれたり、読み聞かせやワークショップの運営を担ってくれたりと、キィニョンのために持ち味を発揮してくれている長坂さん。

 

おススメしてくれたパンが、これまたオシャレ!

「ミントとカマンベールのもちもちパン」。

私がキィニョンで働きはじめる前に販売していたパンなのだそう。ミントとカマンベールチーズの組み合わせですよ! 想像しただけで美味しそうですよね。爽やかな風味にカマンベールのコク。買ってそのままランチとして楽しんでいたとのこと。食べたい!!!!!!!!!!!! と、いう訳で生地をかえて再登場!? 販売が決まりましたら改めてお知らせしますね!お楽しみに〜。

 

 

「明太チーズ」。

私も大好き!「明太チーズ」。しばらく本店から姿を消していたのですが、先月から期間限定で販売をリスタートしています。どうやら本店で購入できるのは今月いっぱいのようです。(が、エキュート立川店では定番商品、というように、店舗によって異なりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。)そのため私はせっせと買いだめしています。私の場合、温め直した方が美味しいんだろうなぁと思いながらも、せっかちなのでそのまま食べていました。が、ここはひとつ長坂さんのおススメに習って温め直すか!と、重い腰をあげました。するとどうでしょう、たちまち撃沈です。トリコです。もう、ジュワジュワ〜っと。チーズやらバターやら、明太子やらカロリーやら(笑)玉ねぎの食感も良い感じです。ただ、私は長坂さんのように娘さんと半分こなんて素敵な事はしませんからね。独り占めです。息子たちに「それ何?」と、聞かれたら「大人の食べ物」と即答します(笑)もっちりのフランスパンもバランスばっちりです。待ちきれないときは、10数秒レンチンして済ませます。トーストの方が断然おいしいですが、何もしないより、おいしいです。

 

「ナッツナッツ」

くるみ、ヘーゼルナッツ、アーモンド、マカダミアナッツの4種類の香ばしさと食感がナイス! ただ、時々ナッツが少なかったり偏っていたり……残念な事も。こればっかりは分割とか成型時の話なので致し方ないのかもしれません。基本的にはナッツがゴ〜ロゴロ。

ときどき出会うホワイトチョコの甘さに惚れちゃいます。生地自体は甘くないので、ホワイトチョコが絶妙なアクセントになってくれます、。顎の疲れに負けることなく、食べて欲しいパンです。こういう噛みごたえのありパンを食べると顎も鍛えられて一石二鳥ですよ!

 

長坂さんのおすすめは7〜8ミリにスライスして食べる方法。私は恵方巻き状態でかぶりついて食べてます(笑)

 

それぞれのパンにあった食べ方・楽しみかたについて考えさせられた今回。

あなたの「お好みにピッタリなパンと食べ方を」いろいろとお試しくださいね。

 

とく

  • twitter
  • facebook
  • line

わたしの推しパン〜水本です!〜

2019.07.09

 

「どーも。どーも。初めまして、水本でーす」

そんなポップな登場をしてくれそう(あくまでも、私のイメージです)な、水本さん。

普段は立川工房でキィニョンのパンやスコーンの製造を担ってくれています。

 

元気いっぱい! 熱量多めの水本さんは立て続けに人気商品を開発しているヒットメーカーでもあります。

例えば、今月から販売を開始した「チョコミントスコーン」

 

先日開催したイベントでは先行試食して下さったお客様から「普通のチョコミントスコーンとは味が別格。名前で損していると思います!」「普段はチョコミント味が苦手ですが、これは別。美味しかった〜。食わず嫌いはもったいない」と、いうようなご意見多数。チョコミント味大好きな水本さんの力作です。

 

とはいえ、渾身の試作第1号は思いが強すぎて目の覚めるような味になったというエピソードも。最終的には絶妙なバランスに仕上がっちゃうところがサスガです。

ミントの清涼感と上質なチョコチップの味わいが新鮮なスコーンです。

 

続きまして、昨年秋人気を博した「栗とチョコのスコーン」。

今年も9月から再販売予定です。

あま~いチョコチップとほっこり栗の甘露煮がスコーン生地に相性ピッタリなんです。全粒粉を使うことでサックサクの食感に仕上がる全粒粉クランブルをトッピング。しっとり生地とサクサククランブルと栗のふっくら、3つの食感を楽しめるスコーンです。生地の色とチョコの見た目がトラ模様っぽいところも水本さんのお気に入り。

今年の春、販売していた「いちごとクリームチーズ」にはドライストロベリーやらいちご濃縮果汁やら、いちごパウダーやらいちごがモリモリ。贅沢な仕様です。いちごクリームチーズがほんのりピンク色なのも、女子ならではのこだわり(笑)

 

見た目(トッピング部分)は商品の大枠が決ってから、これが似合うかな〜こっちかな〜と、着せ替え人形みたいな感覚で考えているそうです。

 

きっと、すでに皆さんお気づきですね。

まずは自分の“好き”をたっぷりと詰め込んで、そこから良い意味で削ぎ落とし、他スタッフの意見や意図をくみとって商品化につなげるようにしているという水本さん。筋を通しながらも柔軟に対応していく引き算上手さんです。

 

ポジティブオーラ全開に商品開発を楽しんでいる空気感が商品を通して伝わってきます。

 

 

情報誌「キィニョン」の推しパンコーナーで3商品を紹介してくれた水本さん。

元気いっぱいな彼女の個性が光るパンやスコーンは食べると笑顔になれる、そんな味わい。

パワーチャージにぴったりです!

  • twitter
  • facebook
  • line